医療機関とエステで行うiラインの脱毛の方法

iライン脱毛は最近とても人気の脱毛となっており、あまり人目につくところではないのですが、夏のプールや海に行く場合に自分の好きな水着を着れたり、普段かわいい下着をつけたりすることができる事が最大の魅力となっております。

このiライン脱毛は自分で処理を行う事はリスクが高いため、主にエステサロンや医療機関であるクリニックで行う事が好ましいと言われています。

では医療機関とエステで行うiラインの脱毛にはどのような違いがあるのでしょうか?

まず、エステサロンですが一般的には黒色に反応する特殊な光を当てる事で毛根などの毛の組織に熱を与え、破壊すると言う方法になり、光脱毛と言われる方法になります。
医療機関での脱毛は黒色に反応する特殊なレーザーを当てる事で、光脱毛同様、毛の組織を破壊する方法で、医療レーザー脱毛と言われる方法になります。

この二つの方法は一見レーザーと光の違いにしかみえませんが、実は大きな違いがあります。

それは、出力に大きな違いがあり、光脱毛と医療レーザー脱毛とでは出力の違いがありますので、効果にも大きな違いがあります。
光脱毛に比べて医療レーザー脱毛は2~3倍もの効果があると言われておりますので、その分短期間で脱毛を完了させることができます。
これを期間として表すと光脱毛は2年半~3年、医療レーザー脱毛は1年半~2年という期間になります。

しかし、医療レーザー脱毛の場合には強い痛みを伴いますので、麻酔を使用したりする必要がある場合もあります。

単価としては、医療レーザー脱毛の方が3倍程度の料金となっておりますが、回数をかけてみると結果的には光脱毛も医療レーザー脱毛も大きな差はなくなります。
でも、麻酔などを使用してしまうとその分の料金はかかりますので差が出てくる可能性があります。

この様にエステサロンと医療機関で行う脱毛には大きな違いがありますので、自分にあった方法で脱毛を行うようにしましょう。

Comments are closed.